展覧会

  • 開催中
  • 2階フロア

麻績勝広 具象絵画の新たな世界 海から宇宙へ

会 期:
2022.08.10(水) - 2022.08.28(日)
時 間:
10:00ー22:00(入館受付は21:30まで)
最終日16:00まで
休館日:
毎週月曜日

見附市にゆかりある作家の紹介として、見附市立見附特別支援学校教諭で洋画家の麻績勝広の展覧会を開催します。春陽展の出品作を中心に大作を展示します。故郷糸魚川の「石」を長年対象として描いてきた作家は、近年は水面の「泡」をテーマとしています。延々と続く海岸の石やクローズアップされた泡。静かに迫ってくる作品の変化をお楽しみください。

「海の絵を描いていた30歳の頃から現在に至るまで、約30年の間に描いた作品を展示します。今年の還暦を機に自己を振り返り、今後の制作について考えてみたいと思います。ご高覧のほどよろしくお願い申し上げます。」(麻績勝広)

麻績勝広 プロフィール:
1962年新潟県糸魚川市生まれ。1986年新潟大学教育学部美術科卒業。1986年第63回春陽展(東京都美術館/東京都)初入選。1988年新潟大学大学院教育学研究科美術教育 西洋画修了。2003~2008年「にいがた写実集団」展(新潟三越/新潟市)出品。2007年第84回春陽展(国立新美術館/東京都)奨励賞受賞。同年春陽会受賞作家展(栃木県総合文化センター/栃木県)出品。同年第9回雪梁舎フィレンツェ賞展(雪梁舎美術館/新潟市)大賞受賞、これにより2008年イタリアで2ヶ月間の絵画研修。2008年第85回春陽展(国立新美術館/東京都)春陽会賞受賞。2008・2011・2014・2018・2021年雪梁舎 風の会展(雪梁舎美術館/新潟市)出品。2008年春陽会受賞作品展(愛知県美術館/愛知県)出品。2009年「記憶のかたち」展(新潟県立万代島美術館/新潟市)出品。2009・2011・2013・2015年北の大地ビエンナーレ(中札内文化創造センター/北海道)出品。2009年第7回神通峽美術展(富山市大沢野生涯学習センター/富山県)出品。2010年第87回春陽展(国立新美術館/東京都)奨励賞受賞、春陽会会員推挙。同年春陽会受賞作家展(沼津市庄司美術館/静岡県)出品。2012・2014年ふるさとの風景展(喜多方市美術館/福島県)出品。2013年にいがたの写実作家展(弥彦村総合コミュニティセンター/弥彦村)出品。2015年個展(銀座ギャラリー惣/東京都)。2019年アートオリンピア2019(東京都美術館/東京都)佳作賞受賞。同年あたらしいかたち新潟県人作家展2019(新潟市新津美術館/新潟市)出品。個展13回。 現在、春陽会会員。長岡市在住。見附特別支援学校教諭。

麻績勝広展 イベント
ギャラリートーク
日時:8/11㈭㈷14:00∼15:00
2階フロア
作家による作品解説会を行います。
定員:80名 
ギャラリーみつけ(0258-84-7755)にお電話でお申し込みください。〆切8/7㈰